ヤザワランバーが行っている断熱工法の重要性


多くの方は「住居の断熱」の重要性に
気づいていないのではないでしょうか。
逆に、既に断熱を施している住居にお住まいの方は、
当たり前すぎてその重要性に気が付いていないかもしれません。
例えば、私たちは携帯電話を非常に便利なアイテムとして認知していますが、
使い慣れ過ぎて携帯電話を便利と認識していないかもしれません。
恐らく、携帯電話を便利と認識する時は、
携帯電話が使えなくなった時に初めて気が付くのではないでしょうか。

そして、携帯電話を持たない文化圏の人に携帯電話の利便性を如何に説いても、
決して分かってくれないと思います。
「住居の断熱」も同様になります。
「住居の断熱」の重要性は失って初めて気が付くものであり、
また、断熱仕様の住居に住んだことのない人本ページでは、
ヤザワランバーが行っている断熱工法がどれだけ私たちの生活を豊かにし、
また命を守る上でどれだけ重要かを読み解くことで、
その利便性に気が付きにくいのではないでしょうか。

ヤザワランバーが行っている断熱工法の商品名は
「Holdus(ホルダス)」と言い、断熱材で家全体を包みます。
断熱層が連続していますので、気密性にも優れているのです。
冬を経験した人なら当然分かる通り、室内と屋外はかなりの気温差が生じます。
気温差を100%無くすことはどの家にも不可能ですが、
断熱材を導入することで熱の移動を極力無くすことが出来るのです。
ヤザワランバーのHoldusがどれくらいの気温差を無くすかを
温度で説明するのは難しいですが、熱移動のパーセンテージでしたら、
夏は71%カット、冬は48%カットすることが可能なのです。

特に冬の温度差は命に関わる場合があります。
暖かい部屋から寒い部屋に移動した時、
血圧が急変して脳卒中や心筋梗塞に襲われる危険性があるのです。
そうした温度差を可能な限り無くすヤザワランバーの断熱は、
私たちの生活の上で非常に重要と言えるのではないでしょうか。